ボートレース三国のSG「第26回チャレンジカップ」の優勝戦が26日に行われた。蒲郡ダービーに続くSG連続Vを狙った峰竜太(38=佐賀)は2着。賞金ランク1位で年末の大一番・グランプリに臨むことが決まった。

 スタートはコンマ19。トップスタートの池田浩二でもコンマ17と全体的に遅いスタートとなった。「仕上がりは良かった。スタートがイケてなかったですね。池田さんにもちょっと行かれてたし…」とスタートで踏み込み切れなかったことを悔やんだ。

 ただ、チャレンジカップを終えて賞金ランク1位。「賞金トップで気持ち良くグランプリに行けますね」。当然、グランプリでも〝主役〟を演じるつもりだ。