ボートレース三国のGⅡ「レディースチャレンジカップ」(優勝賞金460万円)の優勝戦は26日、11Rで行われ、3コースから好スタートを決めた長嶋万記(42=静岡)がイン先マイした守屋美穂の内にまくり差しを叩き込みV。今年7回目、通算42回目の優勝を2月の蒲郡「レディースオールスター」に続く2回目のGⅡ制覇で飾った。

 守屋がインからコンマ04のトップスタート。しかし、2コースの三浦永理がコンマ12とやや遅れてできた差し場を長嶋は逃さなかった。真骨頂のまくり差しを突き刺すと、1M出口で早々と守屋の内に艇を並べた。今年の優勝は2月~6月に集中しており夏場以降はリズム下降。三国には「自信をなくして来た」と言うが「最近では一番で自分好み」に仕上げた回り足がモノを言った。

「質を高めたい」と全速にこだわったスタートは「早起こしでアジャストした」と反省。しかし「ナッキー(藤原菜希)が絶対に来るだろうと思った」と藤原の攻めに歯止めをかけるコンマ05のスタートは結果的に正解だった。これでGⅡは2回目の制覇。当然、次の目標はGⅠとなる。