お笑いコンビ「サンドウィッチマン」が25日、ニッポン放送のラジオ番組「サンドウィッチマン ザ・ラジオショーサタデー」で、若手選手に対するパワハラ疑惑が報じられた楽天・安楽智大投手(27)について言及した。

 仙台出身のサンドウィッチマンは、2人とも楽天ファンとして知られている。伊達みきおは「今日、ネットニュースで安楽投手のパワハラどうのこうのっていうニュース見ましたけどね。オレら3日前、一緒だったじゃん? 安楽投手と。仕事で」と明かした。

 さらに伊達は3日前を振り返り、「まあ、機嫌よく仕事して…一緒にしててねえ」と言うと、相方の富澤たけしは「どうなんですかねえ? ちょっと真相分からないですけど」と困惑気味に話した。

 続けて伊達は「結構、球団の職員さんも仲いい方なんですけど、われわれ。全くそんな話は聞いたことはなくてですねえ。パワハラうんぬんっていうねえ」と疑惑自体が初耳だったという。

 富澤は「後輩に、とかいう話でしょ? 意識の違いじゃないですか。自分はそんなに、別にそこまでのことやってるつもりはないけど、後輩にしてみれば。もしかしたらね」。

 これに対し伊達は「ホントに20代とか新人選手に対する扱いっていうのは考えていかないといけない。自分らの高校時代とかさ、まんま大人になって、後輩を同じように扱ったりすると、ホントすぐパワハラって言われるからね」。

 高校時代は2人ともラグビー部に所属していたが、伊達は「あんなのパワハラの巣窟」と指摘。「『仙台駅に売ってるコーラ買ってこい』。それでわれわれ走って買いに行くんですから。あれ、パワハラですよ」。富澤は「当時、当たり前ですけど」と話していた。

 安楽投手は済美高校出身だが、伊達は「なんかその延長線上で考えちゃったのかな? もしかしたら。よく分からないけど。直接聞いたわけじゃないから」。今後は処分が下されることが予想されるが、「ちゃんと謝って、しっかり球団残ってほしいと思いますけどね」と希望を語った。

 仕事で会った時は普通に会話していたそうで、伊達は「3日前は好青年でした」。富澤も「助かりましたよね、番組的にも」と話していた。