フランス出身のクリストフ・ルメール騎手(44)が8日、横浜市の横浜高島屋で行われた「ジャパンメイドアパレルブランド『CL by C.ルメール』」ポップアップストアに登場。お気に入りのアパレルアイテムから、秋開催レースの注目馬まで語りつくした。

 東京・代官山で4月に開催したのを皮切りに、大阪、北海道、名古屋と全国を巡ったポップアップストア。今年度開催の最終地点は、日本競馬のルーツである横浜となった。会場では、イクイノックスとともにドバイシーマクラシックで受賞した盾や、デルマソトガケが逃げ切りを決めたドバイワールドカップでのトロフィーなどが初披露される。

 スーツ姿で登場したルメールは「今年のポップアップストアは5回目ですね。改めて今日、このブランドを紹介です」と会場を見渡し充実感をにじませると「ゆっくり楽しんでくださいね」とファンにメッセージを送った。

 同ブランドの代表を務める平岡千菜美氏は「ポップアップストアでは商品を陳列するだけでなく、日頃ファンの皆さんが見れないような、触れないような私物やトロフィー、盾などを展示する〝体験型ポップアップストア〟となっています」と魅力をアピールした。

 お気に入り商品を聞かれたルメールが手に取ったのは、シルクレーシングとコラボレーションしたポロシャツだ。青を基調にしたデザインは「アーモンドアイにささげるコレクションです。左肩にはアーモンドアイがG1で9勝した時、9個の星を付けました。私にとっては特別、勝負服です」と笑顔。ファンには「これを着てストリートに出てほしい!」と要望した。

 この日は、秋競馬の抱負や注目馬にも言及。まず即答したのは「イクイノックス。楽しみですね」とニヤリ。ほかにも「シュネルマイスターはG1を勝てると思います」と名前を挙げた。自身は毎年、この時期に〝エキサイト〟しているようで「秋競馬は毎週G1があります。集中しないといけないし、頑張らないといけない。競馬ファンにとっては楽しみな戦いだね」と念入りに調整を続けていることを明かした。

 ポップアップストア初日はあいにくの台風となり、雨の中で騎乗する難しさを語る一幕も。「馬のバランスが変わります…」と苦笑いすると「馬場も滑るし、不快になるし。特に慣れてない馬は気をつけないといけない。馬場に慣れなかったら、馬がケガしないように務めています」と注意点を語った。

 この秋も国内だけでなく世界のレースに視野を向けており「9月の末にフランス・凱旋門賞で乗ります。そのあとは多分アメリカ・ブリーダーズカップでデルマソトガケに。11月には香港にも行きます」と3レースの予定を明かすと、穏やかな表情で〝必勝〟を誓った。

 イベントは横浜高島屋6階Bエスカレーター前特設会場で、18日まで開催される。