ハロー! プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’23」(リーダー・譜久村聖=26)の新加入となる17期メンバーが23日、発表された。

 グループは2022年9月から「モーニング娘。25周年記念オーディション」を開催。約1年ぶりとなる新メンバー募集で合格したのは京都府出身の高校2年生、井上春華(いのうえ・はるか=17)と静岡県出身の弓桁朱琴(ゆみげた・あこ=14)の2人で、グループは14人の新体制となる。24日21時から公式ユーチューブチャンネル「ハロ!ステ」で新メンバー決定特番が配信予定となっている。

 リーダーの譜久村は「年内での卒業が決まっている私にとって、最後に迎える新メンバーになります。卒業までの間、責任を持って2人の成長を見守っていきたいですし、愛情を注いでいきたいです。2人が胸を張ってステージに立つ姿を見るのが今から楽しみです! 新メンバー2人への注目と、14人の新体制のモーニング娘。の応援をよろしくお願い致します!」とコメントした。

 なお、新メンバーのお披露目は6月26日に日本武道館で開催されるコンサート「モーニング娘。’23 25th ANNIVERSARY CONCERT TOUR glad quarter century at 日本武道館」が予定されている。
 
・新メンバーコメント
 井上春華「ダンスも歌も習ったことのない私がオーディションに受かるわけがないと思っていたので、譜久村さんから合格を告げられてモーニング娘。に加入すると聞いた時は、まだ信じられない感じでしたが、他の先輩メンバーの皆さんとお会いして、一緒に撮影をさせていただいた時にやっと実感が湧いてきました。ダンスも歌も未経験で不安しかないのですが、不安以上に夢がかなったことへのうれしい気持ちやこれからやっていきたい事もたくさんあるので、前向きに頑張っていきたいです」

 弓桁朱琴「オーディションに合格して、先輩メンバーと対面してから約1週間程がたちましたが、いまだに合格後の興奮が全く収まっていません。メンバーになれたことがうれしくてうれしくて、モーニング娘。の大大大好きな楽曲を聴くたびに『いつかたくさんのお客さんに披露できるんだ!』ということばかり考えてしまいます。今後たくさん大変なことがあるとは思いますが、加入後の活躍は全部私の頑張り次第だと思うので、難しい事にも死に物狂いでくらいついていきたいです。『自分が楽しむ』ことを忘れずに頑張ります」