【名古屋競輪・S級シリーズ】S級初優勝で波に乗る皿屋豊 地元GⅡ出場逃したうっぷん晴らす

2021年03月20日 16時33分

上昇気流に乗った皿屋豊がシリーズを席巻する

 名古屋競輪S級シリーズ(FⅠ)は21日に開幕する。GⅡウィナーズカップ(松阪・25~28日)組は不参加ながら主力には野原雅也(27=福井)、南修二(39=大阪)、柴崎淳(34=三重)ら銘柄級が名を連ねハイレベルなレースを展開する。

 今回は1月にS級初優勝を飾って波に乗る皿屋豊(38=三重)をピックアップしたい。「練習方法をいろいろ考えながらやるのが好き。天職ですね」。練習仲間があきれるほどの熱心さで、アラフォーとは思えない成長を見せている。

 ここ2場所続いた記念ではパワーアップした突進力を存分に発揮して、見せ場をたっぷりと作った。「昨年秋ぐらいから良くなってきて順調そのものです」と、いつもにも増してにこやかだ。

「ウィナーズの選考期間が終わってから優勝だったんですよね~。その前だったら良かったのに」と地元GⅡ参加を逃して悔しがるが、GⅠ日本選手権競輪(京王閣・5月4~9日)の出場権は手にしている。「ダービーに出るのは初めて。SSに勝ちたいですね(笑い)」。最高峰の舞台を控えてモチベーションは高い。

 今年、初めてS1になり初日は12R特選でスタートする。「野原君には勝った記憶がない。走りにソツがなくて強いです」とライバルを持ち上げたが、笑みは絶えず自信はありそう。アクセル全開の猛突進で制圧を図る。

関連タグ: