【飯塚オート】吉川麻季 久々の地元戦「ヘッドかシリンダー、どちらかの交換も」

2021年05月08日 19時14分

吉川麻季が久しぶりの地元走路で結果を残す
吉川麻季が久しぶりの地元走路で結果を残す

 飯塚オートは9日、開幕する。篠原睦(43=飯塚)、浦田信輔(47=飯塚)ら地元S級選手にV戦線リードの期待がかかる今節、女子選手で期待したいのが吉川麻季(25=飯塚)だ。

 前節の川口は「消音マフラーに合わせ切れなかった」ことから7、2、7、5着とイマイチの成績だったが、今節と同じ昼間の開催だった前々節の伊勢崎は2日目から2連勝を飾るなど好調だった。「伊勢崎の初日の後にクランクを替えて、直線がぐっと良くなった」

 飯塚は本人も思い出せないほど久しぶりの参戦。地元の走路は「乗りにくい」とあまり得意ではないようだが、何もしないわけにはいかない。「ヘッドかシリンダー、どちらかの交換も視野に調整を考えてやっていきます」。地道な整備を積み重ねて、地元ファンの応援に応える。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ