梅沢富美男 NHK番組で女優にマジギレ過去「お前、いい加減にしろよ」

2022年07月01日 23時28分

梅沢富美男(東スポWeb)
梅沢富美男(東スポWeb)

 俳優の梅沢富美男が1日放送の「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)に出演。生放送で女優に〝マジギレ〟した過去を明かした。

 きっかけは番組中、千鳥・大悟が梅沢のことを「富澤(とみざわ)さん」と間違えて呼んだことから。これに梅沢は「最近全然、怒らなくなったんだよ。富澤って言われても」と懐の深い一面を見せた。

 しかし、梅沢がブレークしたてのころは各メディアが「富澤」と間違えたそうで、「その一発目がNHK」と告白した。

 梅沢によると、「ひるのプレゼント」という生番組に出演した際、司会を務めていた女優が「富澤富美男さんです」と紹介したという。

 梅沢は「俺出れるか? 生放送の全国版で。俺が出たら全国、俺を富澤だと思う」「言っちゃったんだよ頭に来たから。名前こそ言わないけどさ。へたくそな司会してたの。その女優に『お前、いい加減にしろよコラ』って。『お前も俳優なんだろ。俳優だったら俳優さんの名前覚えて紹介しろよ』『俺は、梅沢だよ。富澤じゃねえよ。どうせカンペ見てしゃべってんだろ』って」と語気を強め回想した。

 しかし、そのカンペにも「富澤富美雄」と書かれていたとオチをつけ、スタジオは大爆笑。MCの松本人志も「それはしゃあないですよね…」と同情していた。

関連タグ: