プロゲーマーの〝問題発言〟を所属チームが謝罪 レッドブルは公式サイトから削除

2022年02月16日 22時46分

 人気プロゲーマー「たぬかな」の〝問題発言〟をめぐり16日、所属するeスポーツチーム「CYCLOP athlete」が公式サイトで謝罪。eスポーツ部門でアスリート契約をしている「レッドブル」は公式サイトから同選手に関するページを削除した。

 たぬかなは15日に配信プラットフォーム「mildom」で行ったライブ配信で、自宅でウーバーイーツを利用した際に男性配達員から連絡先を聞かれたエピソードを紹介。

 その配達員の身長が165センチほどだったことに触れると「170(センチ)ないと、正直人権ないんで。170センチない方は『俺って人権ないんだ』って思いながら生きていってください」などと発言。これを批判されると「ほんまちっちゃい男に人権あるわけ無いだろお前」と反論した。

 この発言が炎上すると、たぬかなは15日にツイッターで「そういう意図ではありませんでしたが、不快に思われた方が多いようなので撤回します、すみませんでした」と謝罪。〝身内のノリ〟だったとしたが、これで収まるどころかさらに炎上。16日になって改めて謝罪した。

「CYCLOP―」は公式サイトで「『たぬかな』選手の配信中における発言は、自身のプロ選手としての立場に対する自覚と責任に欠けた発言であったと、重く受け止めております。本件についてはマネージメントを行っている当社の監督不行き届きによるものであり、このような事態を招いてしまい、軽率な発言によりご不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます」と声明を発表。「該当選手の今後の処分に関しまして厳重に対処いたします」とした。

 また、たぬかながアスリート契約を結んでいる「レッドブル」公式サイトは、同選手プロフィルや契約に関するリリースを掲載していたが、16日午後10時時点でページを削除。アクセスできない状態になっている。

関連タグ: