極楽・山本圭壱 収録中に打撲・眼窩底骨折の大けが ABEMA「心からお詫びする」

2021年12月23日 15時41分

山本圭壱(東スポWeb)
山本圭壱(東スポWeb)

 お笑いコンビ・極楽とんぼの山本圭壱(53)が番組収録中に打撲・眼窩底骨折の大けがをしたことが23日、わかった。ABEMAの公式サイトで発表された。

 番組は「極楽とんぼのタイムリミット」。公式サイトでは「1月に放送を予定していた『極楽とんぼのタイムリミット』の収録中に、山本圭壱さんが怪我をし、打撲・眼窩底骨折との診断を受けました」と発表。

「ご本人の体調状態を第一に、1月の放送は休止いたします」とし、「山本さんをはじめ関係者の皆さまに心からお詫びするとともに、今後の治療等につきまして誠意をもって対応してまいります」と謝罪。その上で「今後も出演者のみなさまの安全により一層配慮し、番組の企画、制作を行ってまいります」と記した。

関連タグ: