中国工作員がウヨウヨ? 〝彭帥は元気で安全〟アピールを偽アカウントが広めまくり

2021年12月10日 15時22分

沈氏が投稿した彭の写真(ロイター)
沈氏が投稿した彭の写真(ロイター)

 中国の元副首相から性的関係を強要されたと告発し、行方不明になっている中国の女子テニス選手・彭帥の問題で、中国側の〝彭は元気で安全〟主張を、ツイッター上で広める偽アカウント部隊の存在が明らかになった。

 米「ニューヨーク・タイムズ」と調査報道の「プロバブリカ」の共同分析結果が7日に発表された。注目は彭が消息不明になったあと、〝活躍〟した中国国営メディア「CGTN」の沈詩偉氏のツイートについて。沈氏はツイッター上で、ぬいぐるみに囲まれ笑顔を浮かべる彭の写真3枚を投稿。「彭のSNSに投稿されたものでフォロワーに『良い週末を』と呼び掛けている」と主張した。また、彭がテニスの大会に姿を現した際も、同氏は映像を投稿している。

「ニューヨーク・タイムズ」などの調査によると、同氏のこれらの投稿を広めているアカウントのほとんどが、フォロワー0、フォローが0。これらは沈氏の投稿を引用し、「彭の事件を大げさに報道するのはやめて。彼女に平穏な生活を送らせてあげてください」などと、中国側の主張を広めていた。うさん臭い偽アカウントは97件確認され、ツイッター社から削除されたという。

 中国国営メディアの実態が浮き彫りになったと言えそうだ。

関連タグ: