橋下徹氏 立民・辻元清美氏の敗因ズバリ「あれは血迷った」「焦っちゃうの、選挙の時」

2021年11月06日 22時23分

左から橋下氏、辻元氏(東スポWeb)
左から橋下氏、辻元氏(東スポWeb)

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏が6日、「NewsBAR橋下」(ABEMA TV)に出演。先の衆院選で落選した立憲民主党・辻元清美氏について語った。

 敗戦の理由についてゲストの田原総一朗氏は「楽観視してた。落ちると思ってなかった」と分析。橋下氏はこれを受け「だって、維新なんてローカル政党で『眼中にない』って、選挙運動始まる前言ってた。そっから、維新がまくってまくってまくりまくって。最後、辻元さん、自民党の山崎拓さんと組んで、演説やっちゃったんですよ。あれは血迷ったと思いますね。自民党のこと辻元さんガンガン批判しているのに、自民党の重鎮呼んで、一緒にやって」とぶった切った。

 なぜ、そのようなことが起きたか聞かれた橋下氏は「焦っちゃうの、選挙の時。戦(いくさ)だから。もうウワ~!って攻められて。とにかく一票でも多く欲しいから、自民党の票でも欲しいと思って、山崎さんに頼んだ」と指摘。

 さらに「だけど、そこを(大阪府知事で日本維新の会の副代表の)吉村(洋文)さんは逃さないね。『こんなのおかしいやないか!』って『自民党ガンガン批判してるのに、自民党と組んでおかしいでしょ!』って言ったら、高槻市民そっち動いちゃったね、後半」と分析した。

関連タグ:

ピックアップ