福士蒼汰 熱愛報道で主演級から“格下げ”も…フジ新設ドラマで復権チャンス

2021年10月23日 05時15分

V字回復なるか(東スポWeb)
V字回復なるか(東スポWeb)

 俳優の福士蒼汰(28)が、カンテレ制作のフジテレビ系ドラマ「アバランチ」で〝復権〟を狙っている。

 綾野剛主演の同ドラマは、フジで新設された「月10枠ドラマ」の1作目。常識外れのアウトロー集団「アバランチ」が、富と権力を持つ社会的強者に対して戦いを挑むストーリーだ。その中で福士は、特別犯罪対策企画室へ左遷された警察官役で出演。18日に放送された初回の世帯平均視聴率は10・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2ケタ台だった。

「これまで主演級で売り出されていた福士だが、今作での番手は5~6番あたり。おまけに、これまで多かったイケメンや屈強な役ではなく、どこか情けない役。今までだったら受けなかったような役を演じている」(芸能関係者)

 長身で端正なマスクの福士は「仮面ライダーフォーゼ」(テレビ朝日系)の主人公を演じ、一躍ブレーク。ところが、その後、ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系)、「DIVER―特殊潜入班―」(フジテレビ系)、人気コミックを映画化した「BLEACH 死神代行篇」などに主演したものの、いずれもパッとせず…。そうなった原因の一つには、福士のプライベートも影響したようだ。

「18年2月に3歳年上のタレント・MISATOとの熱愛が一部で報じられてしまった。女性ファンから絶大な支持を受けていたのに、あれは大きなマイナス。もともと演技力が評価されていたわけでもないので、ファン離れが止まらなかった」(テレビ関係者)

 だが、今回「アバランチ」で〝見せ場〟を作れば、V字回復もあるかもしれない。

「もともと、海外進出を目指して英会話とアクションは時間をかけて学んでいた。ドラマの内容的に、それらを劇中で披露することもあるのでは。福士は、存在感を示すチャンスです」(同)
 
 今作で巻き返すことができるのか?

関連タグ:

ピックアップ