藤本美貴 食育として子供と野菜を育てる「好き嫌いをなくしてほしい」

2021年10月09日 13時59分

食育について語った藤本美貴(東スポWeb)
食育について語った藤本美貴(東スポWeb)

 元モーニング娘。のメンバーでタレント・藤本美貴(36)が9日、都内で「グローバルフェスタJAPAN2021」に出席した。

 藤本は「『みんなの栄養』をのぞいてみよう!~世界の学校給食から見える未来~」というテーマのトークセッションに参加。

 セッションでは世界の栄養問題について取り上げ、低栄養(飢餓)、過栄養という2種類の栄養問題について紹介された。低栄養の人は世界に約8億人いるとみられ、アフリカや中南米に多く存在。一方、過栄養の人は世界に約20億人存在し、欧米に多くみられるという。

 3児の子育て中の藤本は「東京で畑を借りて、一緒に野菜を育てたりしている。私の場合は、栄養の取りすぎというよりかは、子供たちに好き嫌いをなくしてほしいという思いがある」と子供の食育について語った。

 日本の学校給食は、子供の栄養を支える取り組みとして、世界でも注目されている。

 会場で、マダガスカルの学校給食の映像を見ると「日本の給食って恵まれているんだなって改めて思った。好き嫌いをして残したりするのを見たり聞いたりすると『贅沢言うんじゃない!』って思う(笑い)。日本の環境に感謝」と話した。

関連タグ:

ピックアップ