井戸田潤「名古屋走りはよく聞く」「尾張小牧ナンバーを…」地元の “ご当地運転ルール” 告白

2021年09月26日 20時20分

スピードワゴンの井戸田潤
スピードワゴンの井戸田潤

 お笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤が26日、「ABEMA的ニュースショー」(ABEMA TV)に生出演。地元の愛知県の〝ご当地運転ルール〟について語った。

 番組では茨城県警察本部公式ツイッターが「茨城ダッシュは違反です」と注意喚起した話題を取り上げた。交差点では直進車や左折車が優先だが、それを待たずに強引に右折する「茨城ダッシュ」が同県で散見されるといい、県警は正しい右折方法や、道路交通法違反になるケースなどを図解で説明し注意を呼び掛けている。

 このニュースに井戸田は「愛知県だと『名古屋走り』って言うのはよく聞く話。ウインカー出さずに車線変更するとか、そういう悪いことすることの総称を『名古屋走り』っていうふうに認識してる」と指摘。続けて「さらに言うと、名古屋ナンバーじゃなくて尾張小牧ナンバーのことを『終わった困ったナンバー』って言うんですよ。尾張小牧ナンバーが名古屋に行くと、名古屋の人は尾張小牧ナンバーの人を入れないとか」と明かした。

 MCの千原ジュニアが「それはなんでなんですか?」と問うと、井戸田は「いや、尾張小牧のほうをちょっと馬鹿にしてるというか」と告白。

 さらに「でも尾張小牧の人に言わすと、三河ナンバーのほうが『走りが荒い』とか、いろんな話が出てくる。だからこういうのは、ほかの県でもあるんだなというのを今知りました」とコメントした。

関連タグ:

ピックアップ