竹原慎二氏が「ガチンコスパー」で一躍人気ユーチューバーに! マッコイ斎藤見返す

2021年08月20日 05時15分

自らを奮い立たせた
自らを奮い立たせた

 元WBA世界ミドル級王者の竹原慎二氏(49)が、芸能界の大物演出家からの「クビ宣告」から「ガチンコスパー」を武器に〝奇跡の逆転劇〟を起こしていた。

 竹原氏といえばプロボクサーを目指す荒くれの若者たちとのストーリーを追ったTBS系バラエティー番組「ガチンコ!」内の「ガチンコファイトクラブ」で大ブレークした。現在、ユーチューバーとしても活動中。2020年4月に立ち上げた自身のチャンネル「竹原テレビ」を運営している。

 そのチャンネル立ち上げに頼ったのが「とんねるずのみなさんのおかげでした」をはじめ、数々のヒット番組を演出してきた、演出家のマッコイ斉藤氏だった。

 ところが、2021年2月にマッコイ斉藤氏から「数字が取れない」と〝戦力外通告〟を食らっていたのだという。

 この事実はつい最近まで公になっていなかったが「(一緒にやったのは)8か月かな。収益が上がらない竹原はダメだってことで戦力外を食らいました」と直近の動画で告白。

 一流演出家に「ダメ」のらく印を押されてしまっては、気持ちがなえそうなものだが、元世界王者の精神力は並じゃなかった。新たなスタッフと共に、かつての「ガチンコファイトクラブ」のオマージュで「素人とのガチスパー動画がウケて、再生回数100万回超えを連発しました」(ある制作ディレクター)。

 その極めつけが最近公開された人気ユーチューバー・シバターとの「ガチスパー動画」だった。再生回数はなんと710万回(19日時点)突破。前出制作ディレクターは「ユーチューブの面白さというか、難しさというか。テレビのバリバリのプロが演出してもウケないのに、素人がやるとウケるんです」と話す。

 男の意地を見せた竹原氏は「マッコイさんがいたから今のチャンネルがある」と感謝しているという。

関連タグ:

ピックアップ