小山田圭吾〝壮絶イジメ〟の舞台となった学校が釈明「正確な説明困難」

2021年07月23日 05時15分

大炎上した小山田圭吾

 ミュージシャン・小山田圭吾が小中高と通った和光学園が21日、取材に答えた。

 小山田は、25年以上前に行った障がい者への〝いじめ自慢〟が原因で、東京五輪開会式の音楽担当を19日に辞任。そこで本紙は、和光学園法人事務局に質問状を送った。質問の内容は「今回の騒動をどのように受け止めているか」、「小山田が在学中に学校側はいじめを把握していたのか」、「小山田のいじめ告白記事を把握したのはいつか」など。

 卒業生のプライバシーに関わるため、本来はノーコメントとのことだが「本件につきましては、ご本人が問題となっております雑誌の中で、本学園との関わりに言及され、活字化されていることでありますので、回答できる範囲でお答えさせていただきます」と書面で回答を寄せた。

 1番知りたいのは、学校側が小山田少年のいじめを把握していたどうか。だが「30年以上も前の事実であり、既に当時の教職員も在籍しておらず、当時の事実関係を正確にご説明することは困難な状況」と説明した。

 同校は約45年前から、各クラスにハンディキャップを持った子供を受け入れる「共同教育」という制度をもうけているという。

「健常児、障がい児が共に人間として理解し合い、人が人をお互いに尊重するという認識の定着をはかっています。健常児であろうと、障がい児であろうと苦手な部分は互いに助け合い、理解しながら学習と生活を共にしていきます。子ども同士、時にはぶつかることやトラブルも起こりますが、そのような時こそ皆で考え合い、さらに深くお互い理解していく実践を行おうと努めています」

 共同教育を実施しているとなると、今回の騒動は痛恨だろう。回答文書は「(小山田のいじめ告白記事で)記載されているような事実が生じないよう、本学園として対応をしております」と、締めくくられていた。

関連タグ: