松本哲哉教授 尾身会長の「普通はない」発言を支持「このまま突き進んでいくことに危機感」

2021年06月03日 09時30分

「普通はない」と尾身茂会長

 東京オリンピックをやるなんて非常識だ!

 コロナ禍での五輪開催について「普通はない」と、政府分科会の尾身茂会長が発言したことが、衝撃ニュースとなっている。

 3度目の緊急事態宣言が出され、度重なる延長により感染者数は減少傾向にある東京。開幕まで50日となった現時点で中止や延期の選択肢は、ほぼなくなっている。世界規模で未曽有のパンデミックとなっている中、政府と五輪組織委員会、東京都は強行開催に向け突っ走っている。そんな様子を見た専門家が、改めて「普通はない」と言い切ったのだから、無視はできない。

 尾身会長はまた「やるのであれば、規模をできるだけ小さくして、管理の体制をできるだけ強化するのが、五輪を主催する人の義務だ」と付け加えた。

 3日のテレビ朝日系ワイドショー「モーニングショー」に出演した国際医療福祉大学の松本哲哉主任教授は、尾身会長の言葉に「全くその通りだと思います。世界的なパンデミックのなか、世界からオリンピックの関係者も含め、多くの人たちが日本にやって来て開催して、また世界に戻っていく。そんなことをやっていいのか?」と疑問を投げかけた。

 加えて「この時点で分科会の先生方が提言をまとめるとされていますが、本来ならば(主催者側と)一緒になって、どうすればいいかを話し合うべき。危機感を持っておられる先生たちの意見は直接は反映されず、このまま突き進んでいくことに、私も危機感を覚えています」と強く警鐘を鳴らした。

関連タグ: