医師・木村盛世氏 高橋洋一氏の “さざ波” 発言に「使い始めたのは私」

2021年05月10日 18時30分

コロナ対策は後手の対応が続いているが…

 医師で元厚労省医系技官の木村盛世氏(56)が10日、ツイッターで現在物議をかもしている内閣官房参与の高橋洋一氏の“さざ波”投稿に言及した。

 高橋氏は9日のツイッターで各国の新型コロナ感染者のグラフを掲載し「日本はこの程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」と投稿。これが大きな批判を浴びた。

 これを受け木村氏は「高橋洋一さんが使用した、“さざ波”は私が使い始めたものです」と自身が使い始めたことを明かした上で「グラフは新たに新型コロナ感染症と診断された人であり、死亡者ではありません。氏のG7+インドのグラフみて、大波と言うのは無理があります」と主張した。

 また、高橋氏から「炎上している」と聞かされ驚いたといい「このグラフ見て、大波と言う人、いるのかしらん? 謎すぎる」と疑問の声を上げた。

関連タグ: