おもしろ荘登場の「エルフ」荒川 ギャル化してから「彼氏いない」

2021年01月04日 17時38分

R-1グランプリ1回戦に登場した荒川

 女性お笑いコンビ「エルフ」荒川(24)が4日、大阪市の朝日生命ホールで行われた「R―1グランプリ2021」1回戦に登場した。

 元日放送の日本テレビ系特番「ぐるナイ『おもしろ荘』お笑い第7世代NEXTスター発掘スペシャル」にコンビで出演し、両手を広げ「で~す」と締めるネタで、ナインティナインや有吉弘行らを笑わせていた荒川。

 この日は、ゆりやんレトリィバァから誕生日プレゼントにもらったという「イヴ・サンローラン」の香水の香りを漂わせながら登場し、「で~す」を繰り出して笑いを誘った。

 おもしろ荘出演後は、SNSのコメントが1000件を超えるほどになったそうで「『で~す』って言葉を皆さんに使ってもらってますね。特に決めってわけでもなかったんですけど、ひそかにそうならないかなって思ってます」と「で~す」のブレークに期待した。

「みんなにギャルを好きになってもらいたい」という荒川のあこがれは、タレントの小森純と鈴木奈々。中学生のころからギャルメークの練習をしていたというが、高校時代は校則が厳しかったため、ギャルデビューはNSCに入ってからだという。

 1時間をかけ仕上げるギャルメイクは、本人いわく「有村架純ちゃん似」。一方で、〝変身前〟の姿は「親や親戚は高畑充希ちゃんに似ていると言ってくれるけど、他人にはゴリラと言われますね」と笑った。

 恋愛については「募集中ですね。NSCに入ったころに別れてからいない」と〝ギャル化〟してから彼氏がいないことを告白。理想のタイプについては「NGではないんですけど、ギャル男の方は…。自分がキャッキャ言うので、見た目は黒髪の落ち着いた方がいいです。『カベポスター』の永見(大吾)さんが理想です」と明かした。

 R―1は昨年に続き2度目の出場。昨年は2回戦で敗れたが、今年の目標は「決勝です」と掲げた。