ぜんじろう 会計検査院に物申す「今年最大の税金の無駄はアベノマスク」

2020年11月11日 18時52分

ぜんじろう

 お笑いタレントのぜんじろう(52)が11日、ツイッターを更新。公的機関を検査し、会計経理が正しく行われるように監督する会計検査院に対して物申した。

 会計検査院は10日、令和元年度決算検査報告を菅首相に提出した。税金のムダ遣いの指摘は総額297億2193万円にとどまり、過去10年で最少だった。コロナ禍で、検査官の実地検査がままならなかったことが理由だ。

 ぜんじろうは「今年最大の税金の無駄は『アベノマスク』なんですが、入ってないですね。今年どころか今世紀最大の大失敗です。何を検査したんでしょう(笑)」と厳しく指摘した。

 コロナ禍の中、マスク不足解消の〝秘策〟として政府が行った布マスク(通称アベノマスク)全戸配布は、配布が遅れに遅れたうえ、不良品率が高く、不評だった。届いたころには不足が解消しており、届いたマスクを「ありがた迷惑」として寄付する人が続出。発注先に利権関係が絡んでいるのでは、との疑惑も持ち上がった。