手越祐也が超人気女性アイドルに〝土下座求愛〟! 封印された恥ずかしい過去

2020年08月12日 06時10分

フォトエッセーが絶好調の手越祐也

 ジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也(32)が〝土下座求愛〟した超人気女性アイドルがいた! 5日に出版した初のフォトエッセー「AVALANCHE~雪崩~」が売れまくり、ノリにノッている手越。過去にウワサになった女性芸能人を実名で記したことで話題となっているが、実は著書には書かれていない超人気アイドルへの〝愛の告白〟があった。「頼むから付き合ってくれ!」と両手をついた手越は――。

「AVALANCHE~雪崩~」は、11日のAmazonの売れ筋ランキング(タレント本)で、「限定カバー付き」版が1位、通常版が2位を独占。ジャニーズを離れてから初の著書は、世間の関心を集めている。

 5日に行った出版記念会見で手越は、過去にウワサになった女性芸能人を実名で記した経緯について「報道を正したい。大勢で行ったのに『2人で密会』とか書かれた」と説明した。

 あくまで真実を伝えたいための行為であり「暴露本ではない」とアピールしたが、ネット上では実名記載について〝暴露本〟と指摘する厳しいコメントが噴出した。

 手越は10日、自身のユーチューブチャンネルで「僕の意図しなかった流れ、そして僕が本当に心から大切にしていた人たちが嫌な思いだったり、傷つけてしまった」と反省。続けて「逆にその方々にもご迷惑をさらにかけてしまうという形になってしまった。そこは心から申し訳ないと思っています」と謝罪した。

〝スーパーポジティブ人間〟とは思えない意気消沈した姿。ゲッソリした表情にはファンから心配の声が殺到し、「甘えていいからね」「私はついてくよ!」などと応援するコメントが続々と寄せられた。

 実に十数人に及ぶ女性芸能人の実名を告白した手越。まさに「隠しながら生きていくのがつらい」という持論そのままだが、本紙はウワサにもならず、著書にも一切書かれていない〝恥ずかしい過去〟をキャッチした。

「7年以上前になりますが、手越はある女性グループの超人気メンバーだったAにベタボれ。男友達らに『絶対に落とす!』と豪語し、ツテを使って、そのメンバーを交えた飲み会をセッティングしてもらった。お酒が大好きな2人は楽しそうにグイグイ飲んでいたが、手越はいきなり彼女の前で両手をつき、『頼むから俺と付き合ってくれ!』と〝土下座求愛〟したんですよ」(知人)

 手越が「長年の大ファン」だと公言しているのは、元「モーニング娘。」の辻希美(33)だ。だが辻については、手越が著書に実名で言及している。同知人は「Aは辻とは別の女性」と言う。

 当時はまさに飛ぶ鳥を落とす勢いで女を口説き落としていた手越。ひと昔前のトレンディードラマのような愛の告白だったが、何ごとにも真っすぐな手越なりの〝誠意〟だったという。

「はい…」。ジャニーズきってのモテ男から土下座までされたら、目をハートにしながらOKサインを出しそうなものだが、Aの答えは「絶対にイヤ!」「死んでも付き合いたくない!」だったから驚きだ。

「そのころには女性スキャンダルをたびたび報じられ、女性アイドルかいわいでも手越のチャラさは有名でした。Aの友人にも手越といい仲になっていた女の子も何人もいた。土下座して告白する姿がむしろ真剣ではなくチャラく感じたようで、Aは『絶対にイヤ!(手越の)何人目の彼女だよ!』などと怒りをぶちまけたとか」(前同)

 豪快にフラれ、赤っ恥をかいてしまった手越は悔しさをにじませ、泣く泣く諦めたとか。

 音楽番組で女性アイドルと共演すれば、すれ違いざまにわざと肩をぶつけたり、カメラに映っていないところで熱い視線を送るなど〝やりたい放題〟だった手越。フラれることが少なかったと思われるだけに、プライドが傷つけられた数少ないエピソードなのは間違いないだろう。