横浜流星がコロナ入院 PCR結果待ちも抗原検査「陽性」で感染判断

2020年07月21日 19時48分

横浜流星

 俳優の横浜流星(23)が新型コロナウイルスに感染し、入院治療中であることが21日分かった。所属事務所がウェブサイト上で同日、発表した。

 事務所の説明によると、横浜は20日夜「巌流島」の舞台稽古終了後、倦怠感を覚えたことから検温。発熱症状が見られたことで医療機関を受診し、抗原検査、およびPCR検査を受けた。

 同日深夜、抗原検査が「陽性」との検査結果が出たため、PCR検査の結果は出ていないものの「病院との話し合いの結果」(所属事務所)、新型コロナウイルスに感染していると判断。現在は病院の指導に従って入院し、治療を行なっているという。