登山家の野口健氏が尾身氏発言の矛盾を指摘 「日本政府の判断は誤りなのか?」

2020年07月16日 15時02分

野口健氏

 登山家の野口健氏(46)が16日、ツイッターを更新。政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長(71)の発言に疑問を呈した。

 同日、経団連の夏季フォーラム内で尾身会長は、今月22日から予定する政府の観光支援事業策「Go To トラベル」について、「旅行自体が感染を引き起こすことはない」と説明。同キャンペーンについて問題はないという見解を示した。

 これに対し野口氏は「『旅行自体に感染への問題がない』のなら何故に都道府県間の移動の自粛要請が出されたのか」と、15日に小池百合子東京都知事(68)が緊急会見で発した要請を引き合いに出し矛盾を指摘。

 続けて「仮に移動自体にリスクが少なくても旅行は移動のみではなく、一定期間といえども生活が伴うもの。旅行自体に問題がないのならば外国人観光客を止めている日本政府の判断は誤りなのか?」と納得のいかない様子だった。