茂木健一郎氏 146キロ走行5人死傷事故で過失運転致死傷罪適用に「裁判所の屁理屈」

2020年06月17日 14時52分

茂木健一郎氏

 脳科学者の茂木健一郎氏(57)が17日、ツイッターで146キロ走行による5人死傷事故の判決を批判した。

 問題の事故は2018年12月に三重・津市で起きた。IT会社社長の被告が一般道を時速146キロで走行し、タクシーと激突。5人を死傷させたもの。16日、津地裁は同被告に対し、最も重い危険運転致死傷罪ではなく、過失運転致死傷罪を適用し、懲役7年の判決を言い渡した。

 これに対して茂木氏は「一般道を146キロ走行に対し『運転技術を過信し、事故が発生する可能性を想定していなかったとみる余地が多分にあり、故意と認定するには合理的な疑い』とするのは精緻な法適用というより裁判所の屁理屈」と津地裁の姿勢を批判した。

 また、被告が過去何度も事故を起こしていることに言及。「少なくとも、『未必の故意』は認定できる事案だとぼくには思えるのですが。一般道を146キロで走行していて、しかも過去に8回も事故を起こしているわけですから。この判決はかなり無理があるでしょう」と疑問の声を上げた。

 その上で「被告が『進行の制御ができなかったとは思っていない』と述べている点も、一般道を146キロで走行していてマジかよ、と思う。判断力がないだけでなく、反省もしていない。こんな人の否認を鵜呑みにして判決を下す裁判所は、おかしいでしょう」と苦言を呈した。