高須院長が愛知・大村知事を「リコールします」「返り血を浴びるのは覚悟の上」

2020年05月23日 09時46分

高須克弥院長

 高須クリニックの高須克弥院長(75)が23日、ツイッターを更新。愛知県の大村秀章知事(60)の政治姿勢や、新型コロナウイルスの感染拡大予防対策などについて意見を述べた。

 高須院長は「我々の血税を方向違いの人たちにばらまく、ケチな大村知事に我慢できません。武漢肺炎で苦しんでいる県民を、捨て身で腹をくくって助けてくれる愛知県知事に取り替えましょう。僕は決心しました。大村知事をリコールします。リコールのやり方を教えてください。返り血を浴びるのは覚悟の上です」と力強くツイート。

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の負担金を巡り、愛知県と名古屋市が対立している問題について「天皇陛下の御真影に火をつけて踏みにじる作品や、僕たちを守って散った英霊の皆さんを侮辱する作品展を愛知県の血税を使って行う大村知事は愛知県の恥です。そんな人を選んだ我々愛知県民も恥ずかしいです。大村知事は我々に恥をかかせています。大村知事をリコールします。ご協力お願いいたします」と呼びかけた。

 フォロワーからの質問などには「これから戦略を練ります。追ってご連絡します。署名してください」「ヤバいと思います。掃除が必要だと思います」と返答した。