舛添要一氏がアベノマスク不良品問題をメッタ斬り「官邸官僚の利権でもからんでいるのか」

2020年04月22日 12時40分

配達が始まったアベノマスク

 元厚労大臣、東京都知事の舛添要一氏(71)が22日、ツイッターを更新。“アベノマスク”問題を叩き斬った。

 舛添氏は「アベノマスクまだ来ないが、7870枚に汚れや虫の混入。不良品だ。90億円で受注した3社が海外で生産したという。言語道断だ」と断罪。

「衛生管理もできない会社に発注するとは、官邸官僚の利権でもからんでいるのか。マスク購入券配布のほうが遙かに賢い。知恵も働かない官邸ラスプーチンが安倍政権を崩壊させる」と“お友達内閣”を徹底批判した。

 安倍政権が起死回生の策として打ち出した布マスク2枚配布をめぐっては、セレブタレントのデヴィ夫人(80)が「このマスク、安倍首相以外の閣僚が使っていませんが なぜかしら!?」などと疑問の声を上げている。