芸能界にもコロナ余波 ケンコバは独自の感染対策を提案

2020年03月21日 10時50分

ケンドーコバヤシ

【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】世界に広がり続ける新型コロナウイルスは、依然、終息の見通しがつかない。芸能人への余波も大きく、“悲喜(?)こもごも”のようだ。

 中野サンプラザでのトークライブを延期にしたカンニング竹山もその一人。「安い小屋じゃないからね。約300万円、赤字なんですよ。で、延期してまたやるってことになったら、またお金がかかるから、どうするかって悩んだんだけど…」というが、後に朗報が来た。

「中野サンプラザさんは、本当に日本で一番良いホールですよ。『キャンセル代、いらない』と。タダよ。そんなホールある?」と驚きを隠せない。

 そんな中、ブルゾンちえみを心配しているのは土田晃之だ。所属事務所を退所し、海外留学するというブルゾンに「このタイミングで海外ってどうなん?ってなるけどね。まあ、前から決めていたんだろうけど、大丈夫なのかな」と人ごとではいられない。

 一方、長引く感染状況にポジティブな反応を示すタレントも出てきた。

 明石家さんまは「無観客の収録番組に慣れてきたわ。今もう全部無観客やから」としみじみ。

 さまぁ~ずの三村マサカズも「2週間ぐらいエンタメ界は自粛してるので、明けてからがすごいんじゃないの。揺り戻しで」と期待している。

 ケンドーコバヤシは、独自の感染対策を提案する。「やっぱソープランドが一番いいんじゃないか。ことあるごとに、洗いとすすぎを繰り返すし、イソジンで消毒するでしょ。フルタイムで換気扇も回っている。そこそこのスペースに、大人数ではなく2人。これ、対策完了してるでしょ。ノドにウイルスが付着するのは乾燥している時が多いらしいけど、常に湯気の中にいてるようなもんじゃないですか。だから、早急に安倍政権はソープランドをタダにするっていうのはどうだろう」とニヤリだ。

☆現役放送作家X氏=1967年、東京・神楽坂生まれ。23歳でラジオ番組で放送作家デビュー。PTAから苦情が絶えない某人気バラエティー番組やドラマの脚本を手掛ける