“好感度キャラ”出川哲朗の地位を脅かすユーチューバー・江頭2:50の存在感

2020年03月12日 11時00分

出川哲朗(左)と江頭2:50

 お笑い芸人・出川哲朗(56)に思わぬ“刺客”が現れた。

 以前の出川といえば“抱かれたくない男ナンバーワン”として、女性から嫌われキャラだったが、最近ではすっかり好感度の高い芸人として、安定の地位を築いている。2017年から始まった旅番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」(テレビ東京系)は相変わらず人気だ。

「今年のテレ東の正月番組に抜てきされ、『新しい地図』の3人(元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾)をゲストに迎えた。以前なら出川さんがゲスト側だったんですが、立場が逆転ですからね。相当な快挙と言っていいでしょう」(テレビ局ディレクター)

 最近では番組でメインMCを務めることもあり、出川が若手のころ「オレはポストタモリになる!」と主張して笑いを誘ったが、今となっては現実味を帯びている。

 ところが、だ。そんな出川の座を脅かそうとしているのが、現在ユーチューブで大ブレーク中のお笑い芸人・江頭2:50(54)。江頭のチャンネル「エガちゃんねる」の登録者数は186万人に上り、先にユーチューバーデビューした宮迫博之の登録者数64万人を圧倒している。

 前出のディレクターは「視聴率が取れる見込みがあるので、今年はめちゃくちゃ露出が増えると思いますよ。特に女性にも受け入れられるようになったのは大きい」と江頭の地上波でのブレークを予測する。出川のように江頭も「女性層毛嫌い」から「全世代の人気者」になりそうだという。

 しかも「現状、出川さんより江頭さんの方がギャラも安い。スケジュールも押さえられる」というメリットもあるというのだ。

 出川も「ヤバいよ、ヤバいよ~」と気を引き締める方がよさそうだ。