嵐・二宮の新婚生活“謝罪報告”に加藤浩次、近藤春菜「謝る必要なし」

2019年12月17日 11時08分

近藤春菜

 17日放送の日本テレビ系「スッキリ」は、先月12日にかねて交際していた元フリーアナウンサーのAさん(38)と結婚したジャニーズ事務所の人気グループ「嵐」の二宮和也(36)が報道陣の前で初めて新婚生活を語った模様を紹介した。

 二宮は今月1日、パーソナリティーを務めるbayfm「BAY STORM」で結婚を報告したが「ライブは個人的な報告をする場所ではない」との判断から、ツアーでプライベートを語ることはなかった。

 その二宮が16日、櫻井翔(36)とともに都内で開かれた「2020年用年賀状 受付開始セレモニー」に出席。年賀状のキャッチフレーズ「一言が、愛になる。」にちなんでメンバーへのメッセージを聞かれると「20年の感謝と共に、21年目も歩いていこう」とコメントした。

 イベントを終えた二宮は報道陣から祝福されると「ありがとうございます」と返した。結婚生活を聞かれると「いやいや、まあ、普通…普通っていうか変わらないです」と初めて新婚生活を語った。さらに「報告がどうしても突然になってしまうので、心配をおかけしたなと本当に申し訳ないなと思っています」と神妙な顔つき。「結婚する前と後とかではなく、ずっと変わらず二宮和也として嵐として頑張っていきたいなと思っていますし、変わらず応援していただけたらありがたいです」と何度も頭を下げた。

 会見の去り際、報道陣に声をかけられた二宮は立ち止まって約7分ほど対応。活動休止前の発表にはメンバー、ファンからも「なぜ今?」の疑問の声も上がっていたこともあり、“天の声”(山里亮太)は「伝えたいことがあるんでしょうね、いろいろ」とボカしながら二宮を称賛。ハリセンボンの近藤春菜(36)は「聞きたいことに対して真摯に答えてくれる。おめでたいことですから。ご自身の言葉で聞けるのはうれしいですよね」とコメント。山里の「おめでたいことなんで、謝る必要なんかないですよね」にMCの加藤浩次(50)は「そう!おめでたいもん」と大きくうなずいた。

【関連記事】