名倉潤が2か月半ぶり復帰「ご迷惑をおかけしました」

2019年11月01日 01時55分

名倉潤

 頸椎手術後にうつ病を発症し、リハビリのため8月から休養していたお笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤(50)が、31日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」で2か月半ぶりに復帰した。

 名倉は10月11日、単独レギュラーを務める同番組の収録から活動を再開。この日の放送で、お茶の間復帰を果たした。

 冒頭、お笑いコンビ「次長課長」の河本準一(41)から「潤さん、お帰りなさい」と声をかけられると「ご迷惑をおかけしました」と頭を下げた。河本が「全然かかってないです」と返すと「じゃあ、帰ります」と出演者を笑わせた。

 休みの間にこの番組を見ていたかの問いには「全く見ていないです。スポーツとニュースと、あとは子供とプール。海外行ったり、沖縄行ったり、ゆっくり休んでいました」と答えた。休養前と変わらぬ姿の名倉は「今はこんなんやけど、真っ黒やった。髪の毛も染めてないから白髪でヒゲが生えてた」という。アシスタントの熊切あさ美(39)は「そのまま来てもらいたかった」と話すが、河本は「復帰が白髪の潤さんと、坊主(頭)の河本で、あの2人どうしたん。何かあった?ってなる」と突っこみ、スタジオは笑いに包まれた。

 名倉の休養中は相方の原田泰造(49)、オダギリジョー(43)が代役を務めた。