キムタク「BG~身辺警護人~」6・18放送開始へ!テレ朝期待大「看板ドラマになってほしい」

2020年05月27日 15時53分

木村拓哉の新ドラマにテレビ朝日はついにゴーサインを出した

 キムタクの悲願がかなった! 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って放送延期になっていた、木村拓哉(47)主演のテレビ朝日系連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜午後9時)の放送開始が、6月18日で最終調整されていることがわかった。このほど公式インスタグラムのフォロワー数が200万人を突破するなど、うれしいこと続きのキムタクには、テレ朝局員からさらなる期待の声も出ている――。

「6月18日から放送開始とのことです。春ドラマには力を入れてきましたが、コロナ禍で収録がストップしたため再放送でしのいできました。やっと先行きが見えてきた感じです」とテレ朝関係者も安堵の表情だ。

 当初、BG続編は4月16日スタートを予定していた。3月上旬にクランクインしたものの、テレビ朝日は4月3日に撮影中止と放送延期を発表。放送枠の木曜午後9時台は現在、2年前に放送した前シリーズを「BG~身辺警護人~傑作選」として再放送している。

 前シリーズは全9話で、再放送は今週28日が第7話、来月4日に第8話となるため、同11日の放送が最終回となる。その翌週から待望の続編スタートとなる見通しだ。

 木村は今月24日、自身のインスタグラムに第3、4話の台本写真を投稿。「そろそろ、ギアを入れて行かなくては……。無事に再開出来る事を祈って……」とつづっている。ということは、これまで第2話までの撮影が済み、第3話以降はこれから撮影か、途中で止まっていたとみられる。

 もちろん、新型コロナの第2波が来る可能性も否定できず、その場合はさらなる延期も考えられるが、現段階では6月18日放送開始が濃厚だ。

 さらに、BG続編への注目を後押ししそうな材料もある。それが、日本テレビ系で再放送中の連続ドラマ「野ブタ。をプロデュース」(2005年)だ。

「前シリーズのBGで、キムタク演じるボディーガードが、息子と暮らしていたかっこいいビンテージマンションがある。その外観は、ドラマロケでよく使われていて、中でも有名なのが、『野ブタ――』でKAT-TUNの亀梨(和也)演じる修二が住むマンションなんですよ。BG続編でもそこが出てくるのか、ジャニーズファンは気になっているようです」(ドラマ関係者)

 前シリーズの全話平均視聴率は、同じクールのテレ朝看板ドラマ「相棒 season16」(17~18年)と並ぶ15・2%だった。現在再放送されている前シリーズの番組平均視聴率は、世帯が10%台、個人が5%台だが、最近トラブル続きのテレ朝にとって、BG続編は“頼みの綱”だ。

「前作は制作費が高く全9話まででしたが、当時は『SMAP解散騒動で評判を落としたキムタクを起用してこの数字(視聴率)なら大成功』と話す関係者や局員は多かった。最終回が次につながるような展開で『シリーズ化されるのでは』という噂は当時からありました。続編でも数字を取って、『相棒』や『ドクターX』『科捜研の女』のようなウチの看板ドラマになってほしい」と局関係者は期待している。

 インスタグラムのフォロワー数がついに200万人を超えた木村は26日に、愛犬と一緒の写真とともに「食材の買い出しです。今日は……手巻き寿司になる予定です!! STAY SAFE!!」と元気にコメント。いよいよ“真打ち”がお茶の間に戻ってくる。

(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)