NGT48荻野由佳 卒業コンサートで感謝の涙「私をアイドルにしてくれて、ありがとう!」

2021年10月30日 21時55分

ドレス姿も披露したNGT48の荻野由佳(©Flora)
ドレス姿も披露したNGT48の荻野由佳(©Flora)

 新潟を拠点とするアイドルグループ・NGT48の荻野由佳(22)が30日、新潟・朱鷺メッセで自身の卒業コンサートを開催。グループ全メンバー28人が参加した。

 卒業コンサートのタイトルには「荻野由佳 卒業コンサート~私をアイドルにしてくれてありがとう~」とファンへの感謝が添えられていた。

 AKB48のオーディションに5度落選しながら、アイドルへの夢を諦めなかった荻野。2015年の「第2回AKB48グループドラフト会議」に参加し、同年に新潟を拠点に立ち上がった姉妹グループ・NGT48から指名され、ついにアイドルになる夢をつかんだ。

 アンコール後、黄色のドレス姿で登場した荻野は「約6年半、ずっと夢見ていたアイドルの生活ができて、ほんとにほんとに楽しくて幸せな時間でした。メンバーのみんな、応援してくださったすべての皆さんのおかげで、充実した夢に描いていたアイドル活動ができました。皆さんには本当に心の底から感謝しています」と語った。

 地元・埼玉から離れ、NGTメンバーとして活動。ファンを大切にする姿勢が評判を呼び、ファン投票イベント「AKB選抜総選挙」では17年に前年圏外(95位)から速報順位で1位に大躍進。最終も5位で初めて「神7」入りした。

 さらに、翌18年にイベント休止前最後なった第10回総選挙でも速報1位、最終4位に入るなどAKBグループ全体の中心メンバーとしても活躍。その姿に「シンデレラガール」と呼ばれ、大手芸能事務所「ホリプロ」に移籍した。

 荻野は「新潟のNGT48じゃなかったら、私はこんなにも楽しく幸せなアイドル活動を送れてしなかったんじゃないかな。皆さんとも会えていなかったと思います。新潟に来られたことが心から本当に幸せだなと感じました。不器用で何事も上手にはこなしていけませんでしたが、どんなときも皆さんがずっとそばにいてくれて温かく見守ってくれて、支えてくれたからこそ今の自分がいます」と涙で感謝を伝えた。

「私をアイドルにしてくれて、ありがとう!」と呼びかけると、会場から大きな拍手が送られた。

 その後もファンやメンバーへ何度も何度も「ありがとう」を口にした荻野。バックステージに消えた後にマイクでファンに伝えた最後の言葉も「皆さん、ありがとうございました」だった。

 なお、11月8日に行われる新潟市内のNGT48劇場での卒業公演をもって、グループとしての活動を終える。

関連タグ:
 

ピックアップ