ももクロ有安杏果 なぜ今?電撃引退の裏

2018年01月17日 11時00分

グループ卒業と芸能界引退を発表した有安杏果

 紅白歌合戦にも出場経験がある5人組アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の有安杏果(ありやす・ももか=22)が15日に突如、グループ卒業と芸能界引退を発表した。21日のライブが最後の芸能活動となる。引退理由は「普通の女の子の生活を送りたい」としているが、発表からわずか6日後がラストというのはあまりにも不自然極まりない。そのため、電撃引退の理由としてさまざまな説が駆けめぐっている。果たして真相は――。

 15日正午に突然、有安のブログに「ファンの皆様へ」という記事がアップされた。そこで「私、有安杏果は2018年1月21日のライブをもってももいろクローバーZを卒業します。ありがたい環境でやらせていただきましたが、子役時代から22年間やってきた世界から一度距離を置いて、普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなり、わがままを受け入れてもらいました」と、ももクロからの脱退のみならず、芸能界引退という衝撃の発表がされた。

 その後、日本テレビ系情報番組「ミヤネ屋」に有安だけではなく、百田夏菜子(23)、佐々木彩夏(21)、玉井詩織(22)、高城れに(24)という他のメンバーも生出演。有安は「ずっと前から考えていたので、やっと言えてスッキリしたっていうのが今の気持ちです」と話した。

 またリーダーの百田は「年が明ける前から知っていた」と明かした。さらに夜には、グループのマネジャーである川上アキラ氏が司会を務めるテレビ朝日のインターネット放送「川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし」にも生出演。佐々木は「もっと早く言ってほしかった」と有安に不満をぶつけたことを告白した。

 11年に早見あかり(22)が脱退してから約7年間、5人体制でやってきたももクロだが、来週からは4人体制に移行する。アイドルグループのメンバーが卒業すること自体は決して珍しいことではないが、今回の件が異例なのは、発表から卒業までの期間があまりにも短すぎるということだ。21日に急きょ、千葉・幕張メッセでライブを開催し、そこが卒業公演となる。

 すべてがあまりにも急でドタバタ感が隠し切れないなか、気になるのはなぜ引退の道を選んだのか?という点だ。まず浮上したのが結婚説。

「ミヤネ屋」で有安が「一人の女性として家事とかしっかりやっていきたい」と語ったことも、結婚説に拍車をかけた。

「こんなにすぐに卒業ライブを迎えるとあって、それこそ『妊娠しているのでは?』などという臆測まで飛ぶ始末。ただ有安の耳にも結婚説や妊娠説は入っているようで、『ない!』と完全否定しているそうです」と芸能プロ関係者。さらに病気説も出ているが、「それもないでしょう」。

 一方ネット上では、一部のファンの間で「以前から有安がグループ内で孤立していた」などと指摘されている。

「有安は芸能活動と並行して日本大学芸術学部写真学科に通い、昨年3月に卒業した。一度も単位を落とさず、卒業時には芸術学部長特別表彰を受賞したほど熱心に写真の勉強に取り組んでいた。ももクロで大卒は有安だけで、他のメンバーと合わない面はあったかもしれないが、決して他のメンバーと仲が悪かったわけではない。むしろ言い争うとしたら、相手はメンバーではなくマネジャーだった」(テレビ局関係者)

 0歳のころから芸能活動をしていた有安は大学で芸能界以外の世界を見て、いつしか引退して一般人に戻ることを考え始めたという。

「一昨年にはソロ活動も始め、昨年秋には日本武道館公演も成功させ、これで一区切りついたという思いが強かったのだろう」(同)

 メンバーに卒業を伝えたのは昨年末のことで、それから有安は翻意を促されたが、首を縦に振らなかったため、ここ数日の間に一気に卒業と卒業公演が決まったようだ。

 音楽関係者は「すでに春ツアーの日程も発表されていて、決まっている仕事は全部終わってから引退という形が自然。そうじゃないということは、すでに有安の中に仕事をやり遂げるモチベーションがなくなっていたということ」と指摘する。

 今後に関しては未定で、何をするかはまだ決まっていない。今はとにかく芸能界、ももクロを辞めて、普通の女の子になりたいという気持ちでいっぱいのようだ。