皆藤愛子キャスター「パンチラ連発」は放送事故かイメチェンか

2015年05月30日 09時00分

清純派から変身?と評判の皆藤

 公共放送の未来を討論するNHKの番組で、演出家・テレビプロデューサーのテリー伊藤氏(65)が「ミニスカートをはいたかわいい子が司会をやるだけで数字は上がる」と発言し、物議を醸している。ツイッターでは批判もあったが、民放で今、テリー氏の提言を実践している美人司会者がいた。この3月までフジテレビ系の「めざましテレビ アクア」などに出演し、ロリ顔の清純派で人気だったフリーキャスター皆藤愛子(31)だ。しかも、ゴールデンタイムのおカタい経済番組でパンチラを連発しているからビックリだ!!

 テリー氏の問題発言が出たのは23日に放送されたNHK討論番組「ハーバード白熱教室」だ。世界各国の公共テレビ局員らとの議論の中で「優先的に作るべきは視聴率の低いまじめな番組か、視聴率の高い娯楽番組か」との議論になり、テリー氏は今のNHKは「お堅くて高齢者しか見ない」と指摘し、こう続けた。

「たとえば、ミニスカートをはいたかわいい子が司会をやるだけで数字は上がります。批判はあるかもしれないが、それによって若い人が見てくれれば、私はそれでいいと思うんですよね」

 これにツイッターでは「発想が昭和の下品な番組のよう」「そうやってテレビの人たちが若者をバカにしてるから、若者が離れていくんだってば」など批判の一方、テリー氏の考えに共感するツイートも寄せられた。

 テレビ界では「ミニスカ美人に番組を仕切らせれば視聴率アップが期待できる」は常識だ。NHKでも過去、山岸舞彩(28)が2009年から11年に「Jリーグタイム」でミニスカから露出する美脚を強調し、人気となりスポーツ番組キャスター、12年のロンドン五輪キャスター、13年からは日本テレビ系「NEWS ZERO」のキャスターになった例もある。

 そんな業界の常識を現在実践中なのが皆藤だ。今年3月まで10年間「めざましテレビ」やその関連番組でキャスターを務め、清純派を売りにしていた。それが、4月からはメーンキャスターを務める経済番組「週刊報道Bizストリート」(BS―TBS)では一転。一見、清楚な色調の姿ながらもミニスカをはき、パンチラまで披露しているから話題にならないワケがない。

「この番組だけ、皆藤さんはやたらとパンチラを連発してる。テレビマンから見れば明らかに“狙って”やってるのが分かります」とあるディレクターは指摘する。

 番組開始から6回の放送中、4回でミニスカの中が見えるパンチラがあるという大サービス。ソファに座った皆藤の股間からはパンティーがハッキリと見え、ストッキングのタテ線まで判別できるほどだったとも。

「普通なら、女性出演者のパンティーが見えてしまうというミスがあった場合、次回からはミニスカートをやめさせるなど、それなりの対処がある。パンチラが続いているのは、明らかに制作サイドが視聴率を上げるためにとった力業でしょう」(同ディレクター)

 皆藤のミニスカ披露によって「Biz――」の視聴率が上がったというデータはBSのためないが、女子アナファンの間では「経済に興味ないけど、番組は見ている」という声も。テリー氏の指摘通り、ミニスカが呼び水になっているのは間違いなさそうだ。

 皆藤側もあえて引き受けた可能性がある。

「一般的に出演者や所属事務所が拒めば、ミニスカ案は却下できる。皆藤さんの場合は、これまで早朝の番組でできなかった新境地に挑戦するという意味もあるのでは」とみる芸能プロ関係者もいる。

 女子アナファンからは童顔で人気を維持してきた皆藤も三十路を過ぎて“フジ朝の顔”を卒業。現在のレギュラーは「Biz――」の他、テレビ東京系の深夜サッカー番組と、NHKの教育番組の3本。自ら意を決し“露出”に路線変更したのかもしれない。