【SODアワード】新人女優賞は本庄鈴と唯井まひろがダブル受賞

2019年03月21日 23時58分

新人女優賞に輝いた本庄鈴(左)と唯井まひろ

 SODグループの優秀なキャスト、作品を表彰する祭典「SOD AWARD2019」が21日、都内で行われ、デビュー作で予約1万本を達成した本庄鈴(22)と、2000年生まれの唯井まひろ(19)が最優秀新人女優をダブル受賞した。

 本庄は大人っぽいシルバーのドレスで登壇し、ゲストMCを務めたお笑い芸人のロバート秋山からも「風格がありますね」と評された。

 第一声では「取ったど〜!」と喜びを爆発させつつ、「1年前にこの場でお披露目で立たせてもらってからあっという間だった。たくさんの人に出会って支えてもらって、感謝でいっぱいです」と頭を下げた。

 一方の唯井は先日行われた「スカパー!アダルト放送大賞2019」でも新人女優賞を受賞しており、これで“2冠”を達成。唯井は「正直取れると思っていなかったですし、まさか(ダブル受賞が)あるとは思ってなかったです。この賞をいただけて本当にうれしいです」とはにかんだ。

 2人が出演した作品は「セル売上部門賞」や「レンタル売上部門賞」など作品部門でも多くの賞を獲得。デビューが1か月しか変わらない若い2人はこれから、SODが誇る魅惑のコンビになること間違いなしだ。