日本アカデミー賞受賞歴ある大物俳優「薬物強制捜査」の衝撃情報キャッチ

2018年08月21日 11時00分

 事件化すれば大波紋を呼ぶだろう。酒井法子、清原和博氏、ASKAなど、ここ10年ほどの間、覚醒剤で逮捕される有名人が後を絶たない中、これまで映画に何度も主演し、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞したこともある大物俳優を捜査当局がマークし、すでに強制捜査に踏み切ったとの衝撃情報を本紙はキャッチした。逮捕を恐れたこの俳優は、すでに海外に脱出したともいわれている――。

 本紙は今年7月19日発行の1面で男性芸能人、有名音楽家、人気アーティストなど、今年は芸能人の薬物逮捕ラッシュがありそうだと報じた。この情報のみならず、これまで再三報じているように、警察や“マトリ”と呼ばれる厚生労働省地方厚生局麻薬取締部などの捜査当局は、見せしめの意味もあって大物芸能人の逮捕を狙っているといわれている。

 そうしたなか、本紙は「大物俳優が捜査当局の強制捜査を受け逮捕寸前の状況にある」との衝撃情報をキャッチした。この俳優は、7月19日発行で報じた“薬物逮捕ラッシュ”の対象者の中には入っていない。過去には日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いたこともあるイケメン俳優だ。

 自宅としているマンションの近所住民は、こう明かす。

「今年の3月末、捜査員風の人たち3~4人が彼の部屋に入っていきました。以前から『彼は不審な行動が多い』と噂になっていたから、ピンときたんですよね」

 さらに、本人が夜な夜な繰り出すという繁華街周辺では、次々と不審行動を証言する声が漏れ伝わってきた。

「確かに言動がおかしかった」「目の焦点が合ってなかった。というか、目が完全に泳いでいた」「もう1年くらい、そんな感じだったのでは…」。繁華街の飲食店やクラブ関係者は、このように話していた。

 芸能界の事情通はこう明かす。「彼には、以前からクスリ使用に関する噂が絶えませんでしたからね。捜査当局も1年以上も前から、クスリ使用の情報を入手し、慎重に捜査を進めていたんです」

 だが強制捜査に踏み切ったものの、逮捕には至らなかった。

「捜査員が部屋に踏み込んだ後、逮捕されたという報道はありませんでした。覚醒剤は、現行犯での逮捕が基本だから、その場にクスリがなかったら所持や使用の証拠が得られず、逮捕には至らなかったようだ」(同)

 とはいえもちろん、これで疑惑が晴れたわけではない。

「今回は取り逃がしましたが、捜査当局は彼の逮捕をあきらめていない。実際に家宅捜索を受けたことで、本人も逮捕される危険を感じたのか、1か月ほど前から“海外で大きな仕事が入った”と言って、日本を脱出する計画を立てていた。もう実際に脱出したとの情報もある」(捜査関係者)

 本人は周囲に“長期の仕事だ”などと言っているそうだが…。

「実際は仕事ではなく、『再び強制捜査を受けて逮捕されることを恐れての海外移住ではないか?』といった声もある。ほとぼりが冷めるまで、ひょっとすると1年ぐらいは、日本に帰国しないこともあるといわれている」(同)

 果たして大物俳優は、覚醒剤取締法違反で逮捕されてしまうのか? 

◆止まらぬ芸能界の薬物汚染=まだまだ薬物汚染が収まらないといわれる芸能界。近年も薬物で逮捕された芸能人は後を絶たない。有名なところでは2009年、歌手・酒井法子が覚醒剤取締法違反、俳優・押尾学が麻薬取締法違反で、14年には歌手ASKAが覚醒剤取締法違反で逮捕された。ともに有罪判決を受けている。

 ここ数年でも、16年には元俳優の高知東生氏、元プロ野球選手・清原和博氏が覚醒剤取締法違反、昨年はタレント・清水良太郎、橋爪功の息子で俳優の橋爪遼が覚醒剤取締法違反で逮捕された。いずれも有罪判決が言い渡された。

 今年も2月にAV女優の麻生希、5月に仮面ライダーシリーズに出演した俳優の松尾敏伸が覚醒剤取締法違反で逮捕されたほか、6月末には俳優・浅野忠信の父親で元芸能事務所社長の佐藤幸久容疑者が、覚醒剤取締法違反容疑で警視庁に再逮捕された。

 佐藤容疑者は昨年11月にも同容疑で逮捕され、今年3月に東京地裁で懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を受けたばかり。執行猶予期間中の再逮捕だけに、実刑判決は確実だ。