清水富美加=出家女優・千眼美子 UFO撮った!!本紙に渾身の目撃リポート

2018年08月17日 11時01分

千眼美子(囲み写真下)が捉えたUFOの画像

 独占スクープ! 宗教家で女優の千眼美子(23=本名・清水富美加)が、UFOを目撃し撮影に成功したことが本紙の取材で分かった。千眼はアニメ映画「宇宙の法―黎明編―」(10月12日公開)で声優業に再び挑むが、UFO目撃と同映画には“宗教的な何か”が関係しているのか? 千眼は本紙に証拠の「UFO写真」を提供、目撃した時の状況を詳細にリポートした。

 千眼がUFOを目撃したのは7月中旬。友人と富山県を旅行していた時だった。自身初めての目撃体験だったという。

 千眼は「宇宙に憧れがあって、天体観測もしていたんですけど、それまでは見たことなかったんです。周りには見たことある人がいっぱいいるんですけど、私はないので“本物かな? 人工衛星じゃないの?”って疑っていたんですよ。自分の目で見るまでは信じないつもりだったんです」。

 友人と富山駅付近ですしを食べ、宿泊先のホテルに戻ろうとして、ふと空を見上げた、その時だった。

「空を見たら“あの星デカくね?”って。赤く瞬いている星があって、それがめっちゃデカいんですよ! 真冬に見るシリウスより三まわりぐらい大きくって、おかしいぞ!と…。赤くて大きく見えるのは、火星かベテルギウス、アルデバランと自分で思いつく限り候補を挙げたんです。でも火星は瞬かないし、ベテルギウスにしてはデカすぎると」(千眼)

 小さい頃から望遠鏡で天体観測をしていた千眼にとっても、これまで見たことのない星だったという。

「私の横で見ていた友人は『なんか赤い三角形に見える』って言うんです。いろんな可能性を考えた結果、友人とは『これでホテルに帰って、もし赤い光が消えていたら、UFOと認めよう』という結論になったんです。それでホテルに帰って、部屋のカーテンを開けて確認してみると、消えていたんですよ! もう、これはUFOだと。撮影にも成功したんですよ」と千眼は興奮ぎみに振り返った。

 千眼は自身のスマートフォンを記者に見せながら「今後の検証のために動画を回しておこうと、友人と2人で撮影しました。先に見つけたのは友人の方なので、友人が教えてくれなかったら、私はコンビニで大好きな白くまアイスを買って帰るだけだった(笑い)。本当にびっくりしました」。

 UFOを目撃する時は、何か身の回りで“変化”が起きる時とも言われている。これについては「あまり意識したことはないのですが、強いて言えば、なかなか決まらなかったオーディションの話が3件も一気に来ました。でも、こういうふうにUFOは、天体にまぎれているんだろうなと思います」と千眼。

 宇宙人との遭遇体験は「ない」と話すが、それでも「芸能人の方だと的場浩司さんや石坂浩二さんが“緑色のゴム人間”を見たという話をしていらっしゃいますよね。私は夢とかでは会ったりするんですけど、まだ、現実では会ったことはないですね」。

 最後はホワイトボードにUFOを見た時の状況を絵に描いて「私は見たんです!」と千眼はちゃめっ気たっぷりに笑った。

 果たしてこのUFOの正体は――。

【山口敏太郎氏が分析 トライアングル型か】千眼が撮影した証拠写真を見たオカルト評論家の山口敏太郎氏は「女優さんやタレントさんは、霊感の強い人やUFOを見る人が多いんです。ある意味、芝居や芸事は神と交信する手段であり、現代の芸能人も巫女であると言えるから、UFOを撮影しても何ら不思議ではないのです。星より大きくて三角形と言うから最近の世界中で目撃されているトライアングルUFOである可能性が高い。大変興味深い話ですね」と分析している。

【2度目の声優挑戦】2年ぶりの声優チャレンジに「2回目の声優業になるんですが、1回目で何ができないかとか、お芝居のパターンとかを準備できたので、それはとても良かったですね」と話す千眼。その内容については「例えば、ダメージを受けた時の声の出し方ですね。単純に『うっ』という声もあれば、予期しなかった段階で受けたダメージでの声の出し方もある。現場で監督さんに、どんなことを要求されるか分からないので、ありとあらゆる限り、想像して練習してきました」と真摯な姿勢を見せた。練習方法はスマホを使うという。

「自分の声を録音して聞く。それの繰り返しですね。聞くと違いが分かるんです。自分では苦しそうな芝居をしてるつもりでも、聞いてみると、単なるあえぎ声にしか聞こえなかったり。それを調整したりします」

 映画では宇宙最強と称されるゼータ星の女帝・ザムザ役を演じた。

「我が強いところが似ていますね。でもザムザは人間とは価値観が全く違うので、その辺はいろいろと勉強して埋めていきました」と話した。

☆せんげん・よしこ 1994年12月2日生まれ。東京都出身。2008年に芸能界デビュー。15年、NHK連続テレビ小説「まれ」に出演してブレーク。映画では北野武監督の「龍三と七人の子分たち」(15年)のほかに「暗黒女子」「東京喰種 トーキョーグール」(ともに17年)など多数に出演。17年に宗教団体に出家した。今年は映画「さらば青春、されど青春。」でヒロインを演じた。

関連タグ: