日向坂46の山口陽世が26日未明に放送された日本テレビ系「オードリーのNFL倶楽部」に出演し、アメフトへの関心を語った。

 司会の春日俊彰、日テレの渡邉結衣アナウンサーにはさまれた「センター」に座った山口。オードリーとは「日向坂で会いましょう」(テレビ東京系)で共演している。

 春日から「ちょっと違和感があるというかねぇ。我々、別の番組で、NFL倶楽部に並ぶ大人気番組やってますけど、その山口君がね、アメフトの番組に、NFL倶楽部に来てくれるというのは非常にありがたい、うれしいです」と感謝された。

 山口も「春日さんと初めて、あの番組以外で共演させていただいているので、すごくうれしいです」。プロ野球の始球式に登場していることなどから「野球人なワケじゃない?」と春日。NFLへの関心や知識などはどうなのかと思っていたところ、いろいろ調べてルールも分かり、面白さを感じていることを明かされ「ちょっと勉強してきてくれたってこと? あら、ありがたい」と喜んだ。

 春日は画面の山口紹介テロップに「NFL研修生」とあったことを「大丈夫かな」と心配していたという。「勝手にNFL研修生って。勝手にこっちが言っちゃってさぁ…」。ところが山口はジェスチャーを交えて「大きく書いてください。顔を隠すぐらい、研修生って書いていただいて」と意に介さない様子。「大丈夫? 言っちゃって大丈夫」と春日がなおも気を使うと、「もう言ってください、大にしてここに」と返した。

「本人の許可とってるのかなって、私ドキドキした。さっきのテロップ見て」と明かした春日に、山口は「ありがとうございます」と感謝の意を述べた。