元ものまねタレントの「おかもとまり」こと岡本麻里さん(33)が11日、埼玉・志木市議の与儀大介氏(32)との再婚を発表した。おかもとが「破天荒な彼」というほど与儀氏はお騒がせを連発している。

 おかもとと与儀氏は今年3月に出会い、急接近。ともにネット番組「令和の虎」に出演した縁もあり、この日、同番組で結婚が報告された。

 おかもとは「X」(旧ツイッター)に再婚を報告。「妊娠はしておらず、姓は婿入りなので変わりません。今までセキュリティーの問題で公表を避けていましたが、5年8ヶ月、シングルマザーとして群馬県の実家近くで息子と2人暮らしをしていました。これからは彼と息子と3人で暮らせると思うと幸せな気持ちでいっぱいです」とネット上での誹謗中傷問題に苦しんでいたとあって、再婚までは情報公開に慎重になっていたという。

「NHKから国民を守る党」の立花党首(当時=左)に突撃する与儀大介氏(2020年)
「NHKから国民を守る党」の立花党首(当時=左)に突撃する与儀大介氏(2020年)

 再婚相手の与儀氏は、2020年に志木市議選に無投票で当選。「しょぼい政党」の党首として活動し、NHKから国民を守る党の立花孝志党首に政治とカネを巡る問題などで凸し、路上で論争バトルを繰り返したことで、話題となった。立花氏が真正面から回答を繰り返していたことで、今では友好関係となっている。

 一方、市議として、与儀氏はこの日、遅刻や無断欠席を繰り返しているとして、市議会で辞職勧告決議案が可決されている。

 おかもとは「彼は言動は破天荒かもしれませんが、誰よりも曲がったことが嫌いで、堅実で、見た目からは想像できないくらい純粋な人です。色々言われる覚悟でいますが、お互いが、それぞれの価値観で、息子を家族として大切にしていることは事実です」と波風が立つのを承知の上で、再婚の道を選んだようだ。