タレントの上沼恵美子が12日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」に出演。鍋の際、自分の具材もよそわせる夫に激高した。

 視聴者から「鍋の際にイライラするシチュエーション」で寄せられた「『鍋でええで』と言ってくる夫。じゃあ具材を切ってくれ!」という意見を聞いた時のこと。

 上沼は「ほんまや! お前切ったろか。お前の体切り刻んだろか!」とカメラを睨みつけ「それと、鍋した後の土鍋、あんた洗ったことあんのか? あんな重たいのカセットコンロまで運んで設置して、ぎょうさんの白菜から何から運んで行って、入れて食べさせて…」と鍋は決して楽ではないと主張した。

 さらに「あたしなんか、彼(夫)に食べてもらうやつをよそって渡すのよ。『えー!』って言うてた友達が。『君、よそってもらってんの?』『ああ、そうよ』『自分でよそえば?』って言われてたわ、友だちに。エヘヘヘヘ! それが当たり前やと思ってんねん、この世代は!」とまくし立てた。

 最後に「ホンマに嫌やねん。『鍋でええわ』なんて言うたらあかんで! 『鍋が食べたかったんや、恵美子』って。『ずっと念願だったんだよ、今日やってくれるのか、鍋。うわ~うれしいな、何鍋、何でもいい肉も鶏もいらねえよ。白菜と春菊だけでいい』って言うてみい! そして鍋ができたら泣けよ! ハンカチ持って。そうするとこっちも作ってやってもいいなと思います」と日頃のうっ憤をぶちまけていた。