1日放送の「サンデージャポン」(TBS系)で2日に会見するジャニーズ事務所について特集が行われた。

 9月27日に行われたNHKの会見で、ジャニーズ事務所のタレントに対して新規の出演依頼は、被害者への補償と再発防止への取り組みが行われることが確認されるまではしないことが明かされた。年末の紅白歌合戦についても同様の対応で、今のままならジャニーズタレントの紅白出場はゼロになる見込みだ。

 番組MCを務める爆笑問題の太田光は「再発防止っていうけどジャニーさんがいない今、何が再発することがあるのかなって思う」と述べた。さらに「むしろ芸能事務所とテレビ局のその関係を再発防止するべき。例えばテレビ局がジャニーズ以外の大きな事務所とそういうことがある可能性が今後あるわけじゃないですか。再発防止をやるべきはNHKとかテレビ局じゃないのかな」と、ジャニーズ事務所を含む芸能事務所とテレビ局の関係性が考え直されるべきと指摘した。

 また、太田は「同情論と言われるかもしれないけど、嵐にしろスマップにしろ日本が今までいろんな大変なときにさんざん元気づけてくれた。それをまったくなしにする社会になっていいのかな。そこをもう少しくんでほしい」とジャニーズタレントの功績についても言及した。