フジテレビ系「ワイドナショー」が1日放送され、故ジャニー喜多川氏による性加害問題で揺れるジャニーズ事務所を取り上げ、出演者の犬塚浩弁護士がNHKを猛批判する場面があった。

 NHKは9月27日、ジャニーズによる被害者への補償などの取り組みが十分と判断するまで、ジャニーズタレントの新規起用を見合わせるなどと発表。大みそかの「NHK紅白歌合戦」も対象とした。ジャニーズへの対応は民放より踏み込んだ形だ。

 犬塚弁護士は「個人的に言わせていただくと、数々のコンプライアンス違反をするNHKがなぜ、人(ジャニーズ)に向かって体制を整備しろと言えるのか」と厳しく批判。NHKのコンプライアンス違反として「取材費の不正請求、事業としてやれないことを予算計上した」と報道局記者の経費不正請求疑惑、未認可であるBS番組のネット配信に関する不適切予算問題を指摘した。

 さらに「NHKはコンプライアンス違反を続けて問題になっている。かつ、私たちの受信料で成り立っているから、民放以上に気をつけてもらわないと。でも、それができていない。そういう人たちが、(ジャニーズの)対策が不十分だ、どの口が言えるんだ――」と語気を強めた後、「みたいなのは置いといて…」と急にトーンダウンした。

 これにタレントの今田耕司は「置いとくんですか」とツッコんで苦笑い。犬塚弁護士は普段、冷静にニュースを解説するだけに、ベッキーは「意外、意外」とNHK批判に目を丸くした。

 今田は「分かったんでしょ? 俺ちょっと興奮しすぎているなって」とイジった。