TOKIOの城島茂(52)が9日、メインパーソナリティーを務めるテレビ朝日系「週刊ニュースリーダー」に生出演した。

 ジャニーズ事務所は現在、創業者の故ジャニー喜多川氏による性加害問題で大きく揺れている。7日にはこの問題で初となる記者会見を都内で行い、元社長の藤島ジュリー景子氏が辞任。新社長に就任した東山紀之が今後の経営方針について説明を行った。

 番組冒頭で「会見を複雑な思いで見つめていました」と正直に吐露すると「私自身もタレントとしてどうあるべきか考えさせられた会見です。ジャニーズ事務所が踏み出そうとする新たな一歩に賛否もあるとは思います。自分自身もどうあるべきか…。頑張っていくしかないと思います」と決意表明。番組のメインパーソナリティーとしては「今後も事務所も対応を発表していくとは思いますが、忖度のない状況で番組内ではコメントできれば」とした。
 
 この問題の発端となったジャニー氏については「自分は15歳で事務所に入ったんですけど、当時は今のようにインターネットやスマホが無かったので、性加害を行っているという情報は無かった」と明かす。自身の成長とともに、噂や暴露本などで情報が舞い込んできたというが、それでも「育ての親であるジャニー氏と、性加害の人物の闇の部分が当時結びつかなかった」と振り返る。

 ジャニー氏は2019年に倒れた。「その意思を継いで行こうって思ってたのに、ジャニー氏はこんな負の遺産を残してくれてどうしてくれるんだと…」と沈痛な面持ちで語った。