米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手(28)との交際を指摘されていたバレーボール女子元日本代表、タレントの狩野舞子(34)の熱愛が明るみに出て、反響を呼んでいる。お相手はまさかのジャニーズアイドルだったが、狩野は歴代の彼氏は〝全員アスリート〟とぶっちゃけ、周囲をザワつかせたことがあった。

 お相手は大谷ではなく、ジャニーズWESTの桐山照史(あきと=33)だった。

熱愛相手のジャニーズWEST・桐山照史
熱愛相手のジャニーズWEST・桐山照史

 27日配信の「NEWSポストセブン」によると、狩野は3月下旬、都内の高級住宅街にあるマンションで周囲を警戒しつつ、慣れた様子でカギを取り出しエントランスへ入った。桐山の自宅だった。交際は3年近くになるという。

 桐山は同日、自身が木曜レギュラーを務める日本テレビ系「ヒルナンデス!」に生出演したが、狩野との熱愛には言及しなかった。

 出会いは、2019年放送のフジテレビ系「ワールドカップバレーボール」での共演。狩野はゲスト解説を、ジャニーズWESTは大会スペシャルサポーターをそれぞれ務めた。

「振り返るとたしかに仲良かったと思います」とはフジ関係者。

 狩野はかねて大谷との交際を指摘されていた。大谷と同じティファニーのブレスレットを着けていたことや、渡米して大谷の試合を観戦していたことを18年、一部で報じられたことが発端だ。SNSで「大谷の恋人」と称され続けた。

 その渦中にあって、歴代の彼氏は「全員アスリート」とぶっちゃけ、周囲をザワつかせたことがあった。事情を知る関係者の話。

「狩野さんは21年、番組の収録で自身の恋愛を話すことがありました。そのなかで、現役当時はバレーボール男子の選手や他競技の選手らと交際したと告白したんです。元カレは皆、アスリートだったとも。大谷投手との交際説が根強かっただけに、〝そのアスリートの一人はやっぱり…〟とばかりに収録現場はザワつきました」

 狩野は中学、高校をバレーの名門、八王子実践(東京)でエースとして活躍。09年に全日本女子代表メンバー入りしたが、銅メダルを獲得した12年のロンドン五輪では思うように力を発揮できなかった。18年に引退した。

 性格はサッパリしている。前出フジ関係者は「よくしゃべります。新幹線の車内アナウンスのモノマネが得意という一面もあります」と明かす。

 サッパリした性格だからこそ、過去の恋愛もにおわせるどころかサラッとぶっちゃけたようだ。

「ただ、初対面で身長(狩野は185センチ)のことを聞いてくる人は〝デリカシーがない〟として恋愛対象に見ないと決めているそう。桐山さんはそこに触れず、狩野さんと話していく中で明るい人柄にひかれたと思われます」(同)

 複数の関係者によると、アプローチしたのは桐山の方だった。狩野のマネジャーは取材に「プライベートなことは本人に任せております」と話した。

大胆に脚を上げ全力投球する狩野舞子
大胆に脚を上げ全力投球する狩野舞子