ジャニーズグループ「なにわ男子」の高橋恭平(23)とみられる人物のLINEのやりとりの画像が流出して騒動になっている。

 同アカウントがネット上に流出したのは先月9日頃。高橋とみられる人物が「俺のこといろいろ話したんだろ」とLINEで一般人女性を糾弾すると、その女性は「何も話してないよ」「流石に関係崩れちゃうの嫌だからそんなこと言わないよ」などと返事をしている。

 ちょうど高橋は同3日から主演映画「なのに、千輝くんが甘すぎる。」が公開。高校生の純愛ラブストーリーで、初日から3日間で興行収入は約2・5億円でスタートした。

 高橋の同期でもあるメンバーの道枝駿佑(20)の主演映画「今夜、世界からこの恋が消えても」(昨年7月公開)は初日から3日間の興行収入は約2・2億円。作品の出演数や受賞歴で圧倒する道枝より、高橋の方が数字で上回っていたわけだ。

 ところがLINE流出後、興行収入が伸び悩んでしまう。現在は、ヒット映画の指標と言われる10億円に届くかどうか微妙なところに位置している。

 芸能プロ関係者は「道枝の映画はどんどん伸びていったが、高橋の方は公開初日の勢いがなくなってしまった。LINE画像の流出は少なからず影響しているでしょう」と話している。

 高橋とみられる人物のプライベート画像が流出するのは今回が初めてではない。なにわ男子が2021年11月12日にシングル「初心LOVE」でデビューした同じタイミングで、高橋とみられる人物のベッド写真がネット上に流出。また、同年9月にもホテルにいる時の写真が流出し、SNSなどで拡散された。

 テレビ局関係者は「何かある度に流出するので、映画会社も嫌がっているとか。現状、なにわ男子はジャニーズ幹部の寵愛を受けているので仕事が激減することはないだろうが、一緒に仕事をする関係者は心配しているそうです」と話している。