NHK「あさイチ」キャスターの鈴木奈穂子アナウンサーが4日、同局連続テレビ小説「らんまん」に登場したディーン・フジオカへの感激を本番まで引きずり、赤面する一幕があった。

 博多華丸・大吉とともに展開する恒例「朝ドラ受け」トークで、鈴木アナは「ちょっと天狗の破壊力、インパクトにやられました、朝から」。これに華丸が「ディーンさんね」と応じた。

 番組開始前に放送された「らんまん」では、周囲の陰口に悩む幼少期の主人公・万太郎が家を飛びだし、森の中で出会った天狗・坂本龍馬(フジオカ)に優しい言葉をかけられる場面があった。

「あさイチ」には万太郎の母を演じる広末涼子とお笑いトリオ・ハナコの岡部大がゲスト出演。MC陣とのトーク中、大吉が「あの、そろそろ鈴木さん、ディーン・フジオカさんの余韻を…」と切りだすと、スタジオ内は爆笑。鈴木アナは照れ笑いの顔を手で覆った。華丸からは「引きずりすぎですよ」。同アナは「ちょっとだいぶやられました」と赤面が止まらず、広末もリアクションに困った様子。華丸に「見上げてもいませんから」と言われ、ようやく「切り替えます!」と〝おディーン様酔い〟をさまそうと体をシャキっとさせていた。