【とこなめボート・GⅠ開設67周年記念】通算1000勝達成・平本真之が優勝戦に気合「ターン回りはいい」

2020年11月07日 19時37分

通算1000勝を決め、水神祭を行った平本真之

 ボートレースとこなめのGⅠ「開設67周年記念 トコタンキング決定戦」は7日、準優3番勝負が行われた。準優1号艇トリオは渡辺浩司(福岡=36)の2着が最高で、3連覇がかかっていた池田浩二(愛知=42)も姿を消すなど、波乱の連続となったが、8日の最終日12レースで行われる優勝戦メンバーは次の通りとなった。

1号艇・斉藤 仁(東京=43)

2号艇・平本真之(愛知=36)

3号艇・松村 敏(福岡=37)

4号艇・渡辺浩司(福岡=36)

5号艇・金子龍介(兵庫=47)

6号艇・杉山正樹(愛知=41)

 このうち、特に気合が入っているのは地元の平本だろう。今節は初日10レースで白星を挙げ、大台の通算1000勝にリーチ。その後、3日間は足踏みが続いたが、「今垣(光太郎)さんのピット離れが劣勢なのは頭にあった。回転を合わせてうまくハマりました」と、準優11レースは気合のピット離れで2号艇ながらインを奪取。1周1Mは「完璧でした」と自画自賛するターンで危なげなく逃げ切った。

 レース後は水神祭も行われ「リーチをかけてから変な焦りがあったかな。地元で達成できて良かった。他は先を越されているので、(同期の)新田(雄史)より先にできたのも良かった」と大舞台での達成にしてやったりの表情を見せた。

 もちろん優勝戦も遠征勢に譲るつもりはない。肝心の舟足も「最初から足はいい感じだったし、準優は調整もピタッときた。伸びていくことはないが、ターン回りはいい」と上位クラスに仕上がった。

 賞金的にも6299万円の16位で「だんだん下がってきた」とグランプリ出場へ向けて正念場だ。2度目の地元周年制覇で、GPへさらに前進させたいところだ。

 平本は1984年5月5日生まれの96期生。とこなめ周年のタイトルはもともと「マーメイドグランプリ」として施行していたが、2015年3月の61周年記念から現行の「トコタンキング決定戦」として行われており、平本は〝初代覇者〟に輝いた実績を持つ。