【住之江ボート・ルーキーシリーズ】仲谷颯仁が燃える!西山GI初制覇で「すごく力をもらいました」

2020年09月28日 23時40分

仲谷颯仁

 ボートレース住之江のルーキーシリーズ第17戦「スカパー!JLC杯」は28日、中盤戦のヤマ場3日目を終了。29日は準優勝戦に進出するベスト18が出揃う、予選最終日の4日目を迎える。

 ここまでのポイント争いは地元オーバーエージ枠の格上・木下翔太(29=大阪)が5戦2勝2着3回の安定した成績で得点率9・40。首位を堅持した。2位には8・80の仲谷颯仁(26=福岡)がつけて、両者で激しい予選トップ争いを展開している。

 この日(28日)は、徳山ボートの「ダイヤモンドカップ」で人気レーサー・西山貴浩(33=福岡)が悲願のGI初優勝を飾った。これが各地のレーサーたちに、少なからず〝影響〟を及ぼしているようだ。ここ住之江でも仲谷颯仁(26=福岡)がその一人だ。

「同じグループの先輩なので、自分のことのようにうれしい。ずっと苦労をしていたのを見てきたので…。(自分にとっても)いい刺激になったし、すごく力をもらいました。僕ももっと頑張らないと…」と、まなじりを釣り上げた。

 今大会はここまで5戦2勝でオール3着以内をキープする安定したレースぶりながら「いい足をしている割に着が取れていない。もっといい着を取れる足なのに…。自分がミスをしている」といささかフラストレーションがたまり、消化不良気味だったが、この西山のV劇を目の当たりにして、一気に目を覚ましたようだ。

 シリーズ中盤戦以降、いや、もっと大きなスパンでの彼のレースぶりに〝変化〟が起きそうだ。