乃木坂46の1期生・高山一実が卒業「来世でも乃木坂になりたい」

2021年11月22日 00時00分

メンバーに感謝の思いを伝えた高山一実
メンバーに感謝の思いを伝えた高山一実

 人気アイドルグループ「乃木坂46」が21日、東京ドーム公演を開催。1期生の高山一実(27)がグループを卒業し、約10年間のアイドル人生を終えた。

 アンコールで水色のドレス姿で登場した高山は、自身の卒業ソロ曲「私の色」を歌唱。「上手に歌えませんでしたが、お聞きいただきありがとうございました」と高山らしく謙そんした。
 
 高山は2011年に加入し、デビュー曲「ぐるぐるカーテン」から全28枚のシングルで選抜入り。中心メンバーとして活動する一方、小説家としての執筆活動も行い、18年にアイドルを目指す女の子を描いた著書「トラペジウム」は累計25万部を突破するストセラーとなった。

 卒業スピーチでは「今日、2021年11月21日をもちまして、乃木坂46を卒業します。10年間のアイドル生活も今日で最後です」と噛みしめるように語り、「実は10年間、ずっと悩んでいたことがあります。最後の日に何を語るかです。私はある日から語りに思いが乗り切らないような気がして、小説を書こうと決めました」と明かした。

 この日、来場者には高山が執筆した「キボウの名」というタイトルが付いた短編小説が配布。ライブ配信視聴チケット購入者のために特設サイトにも公開され、小説という形で〝伝えたい思い〟がつづられた。

「ここでは感謝の気持ちだけお伝えさせていただきたいと思います」として、まずはメンバーに感謝の言葉を紡いだ。

「私はみんなのことが大好きで、今のメンバーも昔のメンバーも10年間乃木坂のメンバーのことが大好きでした。今のメンバーは努力家で、おしとやかな子が多くて、心がすごくやさしくて、すごくあったかい空気が、暖色な空気が流れてます。そんな乃木坂が大好きです。ほんとにほんとにアイドルになりたかったけど、乃木坂を知ってしまったら来世でも乃木坂になりたいって思います」

 マネジャーや衣装、メークらスタッフに「家みたいな楽屋をいつも作ってくださりいつもありがとうございました」と優しさに感謝。秋元康総合プロデューサーらには「人生を変えてくださりありがとうございました」と言葉にした後、友達や家族へ思いを伝えた。

 最後に目に涙を浮かべながら支えてくれたファンへの心境を吐露。

「最後にこんなにすてきな景色を見せてくださって、ありがとうございます。夢を叶えてもらったのに…叶えてもらいすぎて、今後の人生不幸せになるぐらい幸せだった。今もず~と幸せでした。この幸せ、ありがとうを胸にこれからの人生も頑張っていきたいと思います。ここにいる皆さん、(配信で)見てくださっる皆さんは幸せを作る天才です。天才と過ごせて私は幸せでした」

 「さよなら」ではなく、「これからもよろしくお願いします」とファンにお願いした高山。「つらいことも一緒に乗り越えていきましょうね! 頑張りましょうね!」と呼びかけ、「本当に幸せでした。10年間本当にありがとうございました!」とステージを後にした。

関連タグ:

ピックアップ